理想の小顔へ近づくために

人間の美意識とは実に奥深いもので、ダイエット法や食品、整形技術やマッサージなど、
あらゆる技術が進歩してくるにつれ、人々はさらなる美しさを求めるようになり、
近年では女性なら誰しも、「若いままで居たい」、「もっと細くなりたい」、
などの数々の願いを強く持つまでになりました。


その中でも、年齢とともに衰える肌、ひいてはフェイスラインの保全、そして向上、
という「小顔化」に注目している方が非常に多いのではないでしょうか。


しかしながら、我々現代人は日々の生活の中にそれを阻害する数々の原因を擁しています。
また逆に、日常の中の些細なことに気を配ることで、小顔という女性の夢に
近づくこともできるのです。


皆さんもよくご存知のように、人間の肌とは非常に敏感なもので、ごくわずかな
精神的変化や、外部からのちょっとした刺激にもすぐに反応し、肌荒れやしわ、
たるみなど、肌のダメージとなってあらわれます。
これは顔にも当然言えることで、日々のストレスや食生活の乱れ、睡眠不足や紫外線、
と、ざっと挙げただけでこれほどの注意点が存在するのです。


これら全てを放置していたとしたら、肌へのダメージは計り知れません。
顔は他の肌よりも皮膚が弱いこともあり、これらの被害もより
如実にあらわれてしまいます。


また、自分ではよかれと思ってやっている行為の中にも、小顔になるために
やってはいけないことが含まれている可能性もあります。
例えば「過度の水分補給」などがそれにあたります。
水分補給は顔だけでなく、肌全体に良い効果を与える必須要素ですが、摂りすぎた水分は
身体を冷やし、新陳代謝の低下に繋がってしまうからです。


このように、美しさを追求する上で大事なのは「防ぐもの」と「与えるもの」を
しっかりと把握し、確かな知識に基づいた日々のケアを継続して行うことが
大切になってくるのです。