髪型を工夫して小顔に見せる

女性の髪形というものは非常に多くが存在し、また小顔に見せる髪形が
あるというのも多くの女性が知っていることだと思います。
しかしほとんどの人が自己流なのが現実で、小顔に見える原理を根本から
しっかりと考えて実践したことのある人はあまり居ないのではないでしょうか。


小顔ヘアスタイルの定番として「ボブ」がありますが、これは横のやわらかな
ボリュームとトップのバランスにより全体的にひし形に整えることで顔自体を
細く見せるという技術が使われています。


このように、サイドの髪で輪郭を隠し、トップにややボリュームを出し上げる
ことが小顔ヘアスタイルの基本となっていますが、それ以外にもトップの髪を
上げる際にわずかに左右にずらし、左右非対称にすることで目線のバランスを
曖昧にさせ、小顔に見せるという手法もあります。


また、サイドの髪も常に降ろしている必要はなく、前髪を一部束にして顔の輪郭の
内側にわずかに沿わせるだけでも十分に小顔効果があると言えるでしょう。
総じて言えるのは全体的な顔のバランスを「ひし形」に整えるのが
大切となってくるということです。


次に額ですが、隠したほうが小顔効果が高いと思ってらっしゃる方は
いらっしゃらないでしょうか。
実際顔の露出を下げることは確かに小顔化に繋がるかもしれません。


しかしながら、実際は多少出したほうが全体のバランスもよく、また明るく
見えることから雰囲気的にも優しげなオーラを出すこともできます。
いつも髪を下ろしている方は前髪の束を一部サイドに流すなどして
アクセントをつけてみましょう。


後ろ髪は基本的にはアップにしていたほうが小顔に見えやすくなります。
下ろしているとサイドの髪型と髪の色にもよりますが、後ろ髪の色との
差で輪郭がはっきりと浮かび上がってしまうからです。
皆さんもこの「ひし形を保つ」と「サイドへ流す」、これらを
意識しながら自分にあった小顔ヘアスタイルを模索してみてください。