生理とむくみの関係

女性なら誰しも、毎月必ず訪れる生理ですが、生理の前1~2週間ごろに
肌に異常を感じる女性は多いことでしょう。

この時期は顔がむくみやすくなったり、ニキビなどもできやすくなり、
小顔になることを阻害するのはもちろん、肌全体、体全体に悪影響を与える
ことが多々あります。


これは、女性ホルモンの中の「黄体ホルモン」の分泌が活発になることで、
体が妊娠に備えエネルギーの排出量を低下させようと働くために起こり、
この時期になると体内の水分や老廃物までもが溜まりやすくなってしまいます。

この「体内の水分がたまりやすい」という状況はまさにたるみを発生させる
原因そのものであるため、体を温めたり、水分を控えめにするなどの対策が
必要になります。

また、体の中の水分や栄養素の流れを促進してあげることで解消することも
できるため、リンパマッサージも高い効果があると言えるでしょう。

さらに、汗をかくことで水分を排出してしまうことも有効で、特に顔の発汗を
促す小顔マスクなども生理前には特に効果が高いはずです。

同じく発汗作用ということで、お風呂にゆっくりと入ることも効果的で、
食事の面でも発汗と血行促進の二重の効果があるニンニクなどを取り入れる
ことで、生理前のたるみに効率的に対抗できるでしょう。

生理前は基礎代謝そのものが落ちている状態であるため、日々の運動量が
もともと少ない人ほど異常が起こりやすく、またその重さも厳しいものになります。
そのため、日々の軽い運動などを継続して行い、体全体の健康を追求していく
ことが根本的な解決になるでしょう。


なんとも理不尽なことに、女性である以上この生理は絶対に避けて通れず、
肉体的な負担の強さから、精神的な負担をも抱いてしまうものですが、
「美しくなる」という目標はこれを乗り越えることでより一層近くなります。

すなわち、美しさを手に入れるか否かはひとえにあなたの意思にかかっている
と言ってもいいでしょう。